カテゴリー別アーカイブ: 未分類

アンデルセン公園の北欧フェア

ap3
ap1

当社から車で3分のところにアンデルセン公園があります。
仕事がら「北欧」が気になるので行ってきました。
現在、日本とデンマークの外交150周年記念事業で、北欧フェアが開催されています。
デンマーク本国から雑貨などの6店が出店しています。
デンマークの人が本国から来ているので、それぞれのブースもなかなか味があります。

ap4
ap2

写真は、ジェニパーの木で作ったバターナイフと牛の角を加工してく作くられた天使の形をした小物です。
秋の公園にプラスワンの楽しみをどうぞ!

10月29日 日曜日まで
休園日にご注意ください。
http://www.park-funabashi.or.jp/and/index_scandinavia_fair.htm

全館空調システムRDKR

1005cc30
10月14日、15日に完成見学会を行う成田市の建物をご紹介します。

外壁は東レタテスリーリン ミッドナイトブルーとニチハ シェードブリック コットMGホワイトの貼り分けです。
キッチンはワークトップも背面収納もウッドワンのスイージです。
ダイニングテーブルがキッチンの並びになるレイアウトが新鮮です。

この建物の大きな特徴が全館換気+空調システムです。 
スウェーデン製RDKRを使用しています。エアコンは5K1台で全館をカバーします。
これで夏も冬も全館どこへ行っても快適です。

そのほか、キッチンにも、家事室にも、「これは便利!」の工夫があります。

お楽しみに、

薪ストーブのある家

0926cc312
10月7日、8日に完成見学会を行う牛久市岡見の建物をご紹介します。

外壁は東レのシェーブウッド パインレッド、屋根はディーズルーフです。見どころはなんと言っても、SKAGENの薪ストーブです。
薪ストーブの背面はお施主様自身で漆喰を塗られました。

キッチンはTOTO、背面のカップボードはイケアを選ばれました。
そのほか、3.5畳ほどのロフトがついています。浴室には、え!?と思わず声が出るサプライズが待っています。

お楽しみに、

漆喰の壁をご夫婦で施工されました!

0922CC32
9月30日、10月1日に完成見学会を行う佐倉市ユーカリが丘の建物をご紹介します。

外壁はタテスリーラインのペールブルーです。
見どころはなんと言っても、ご夫婦によるぬり壁施工です。1階は漆喰、2階はペイントです。
石膏ボードのパテ下地処理はクロス屋さんに協力して頂きました。漆喰はLOHAS WALL、ペイントはHIPを使用されました。

キッチンはウッドワンのスイージ、背面のカップボードはイケアを選ばれました。
キッチンからパントリーへ入ると、外の道路の人の往来が窓越しに見降ろせる、こじんまりとした奥様専用のお仕事兼家事カウンタがあります。 

お楽しみに、

ピンとこない数字

red
台風のシーズンとなり、天気予報やニュースではこのような数字を耳にしますが、正直イメージしにくいのが本音です。

● 降り始めから500mmの豪雨!てどんな雨?
● 瞬間最大風速40メートルの風!てどんな風?

これを、次の様に言い換えるとぐっと迫力がでます。

● 降り始めからの雨量はユニットバスのバスタブ一杯の雨が、全ての地面にも屋根にも降り注ぐ量!
● 瞬間最大風速は時速150km!

気象庁では次の表現にも、風速との関係が決められています。
「やや強い」 風速10mから15m
「強い」 15mから20m
「非常に強い」 20から30m
「猛烈な風」 30m以上

なんとも文学的な表現です。
つまり、「非常に強い」という表現は20mから30mの風が吹くとの予報が基になって選ばれているのです。
秒速の間隔は一般の人には体感しにくいのですが、時速となれば、高速道路のスピードからイメージが湧きます。
車を運転するとき、時速150kmは怖くて出せませんね。

★ ★ ★

わかり易いと言えば、台風が良く来る香港の警報は大変分かりやすいです。

1時間30mmの雨は黄色
1時間50mnは赤
1時間70mmは黒

それぞれの警報レベルに対して学校の休校などの対応も決まっています。
上のマークは赤の場合です。

子供でも高齢者でも、わかり易い表現が一番だと思います。

欲張り過ぎは危険です。

広告の見出しのようなテーマで失礼します。
住宅業界全般について日頃感じていることを書かせて頂きます。

10年あるは20年のスパンで戸建の性能や価格について考える時どうも欲張り過ぎると思うのです。

建物の性能には、耐震、防火、防水、断熱、などなど求める性能は毎年高くなります。これ自体はいいことですが、性能アップに伴い建物のコストがかなり上がっているかと思い、国土交通省の統計を調べてみたところ、20年前に比べて、消費者物価はほぼ同じ、建築のコストはわずか5%程度のアップでした。

技術の進歩で20年前のコストと同じで性能がアップしているのでしょうか?また、国の推進するゼロエネルギー住宅は太陽光発電を搭載しなければなりません。このコストはどこから出てくるのでしょうか?建物に払えるコストはほぼ横ばいの状況でこれほどまでに性能が求められることは、見えないところで無理があると考える方が自然です。

次のような点に無理が隠れていると思います。

① 断熱施工と気密施工
一言でいえば、同じ断熱材を使用しても、施工が丁寧でなければ体感する性能は全く異なる結果となります。 国の基準は断熱材の素材性能しか問いません。気密性能につては、天と地の違いがあります。

② 屋根・外壁の耐久性
入居時は素敵な外壁も、数年で劣化が見られる建物があります。 外壁の値段は実は塗膜の強さで単価が異なります。 屋根も同じことが言えます。

③ 大工工賃の削減
購入資材が増えるとコスト削減のプレッシャーは現場での施工費用の圧縮につながります。丁寧な造作は期待できず、時間との闘いとなります。 以前大工から聞いた話ですが、「支給された釘を全部打っている時間はない、工事が終わると釘が余る・・・」 

★  ★  ★

価格は安く、外観も素敵で、長期優良住宅の名前のとおり40年も50年も住めるはずでした。太陽光発電があるので電気代もほとんどゼロで・・・

これが10年も過ぎないうちに、

外観はさびれ、床暖房は故障して修理代が高いのでそのままに、仕方なく石油ストーブを買って暖房し、そうしいる間に太陽光発電もパワコンが故障して止まったまま、といった状況になることが容易に想像出来ます。そんな我が家を見て、丁寧にメンテナンスをして、永く住み続ける気持ちになるはずがありません。

性能の欲張りすぎにご注意ください。

停電しても安心

停電したときに自動でつく保安灯について

スウェーデン・スタンダードホームが注文住宅を始めたのは、
東日本大震災のあった2011年、6年前です。
その時からこの保安灯を標準仕様にしてきました。
真夜中の地震と停電の恐怖から少しでも安心を得られればと思います。

設置場所はお施主様の自由ですが、寝室に配置することが多いようです。
停電になると、自動的に電気が付きます。 そしてこの部分を引き抜けば、
懐中電灯になります。

s-hoantou

e-connect_wtf4088w

チューリップの水栽培

1月、2月は庭に咲く花がなくて静かです。
そんな時でも元気なのが、クリスマスローズ、見事な花を見せてくれます。

christmasrose

もう一つご紹介したいのが、チューリップの水栽培です。
先日家内が都心の花屋で見つけて来ました。
球根の水栽培といえば、ヒヤシンスが定番ですが、これはチューリップの原種でガラスの容器と合わせても、高さ10cm程、窓枠に載せることが出来るほどです。
容器と球根2つで1000円程度とのこと。

tulip2

いたずらに機内食のトレーにあったワイングラスに入れて見たら、これもピッタリ。
なかなか見れないミニチュア水栽培となりました。

tulip1

八千代台の家

11月19日、20日に完成見学を行う京成本線 八千代台駅近くの建物を一足先にご紹介します。
(7月と8月にもこの建物関連の記事をご紹介しています。)

24f
外壁は東レのラップサイディング、窓はホワイトの工場塗装品、玄関ドアはオーダー塗装のブラック色を使用しています。

24g
キッチン回りはタイルはサブウェータイルと黒板をイメージしたクロスと格子入りの窓がいままでの当社の施工例にない、新鮮な出来上がりです。

24h
24i
24g
24k

その他にも、アメリカンスイッチの陶器を使ったプレート、ヘリンボーンの床などみどころいっぱいです。

今回は込み合いそうですので、ご予約を頂けると幸いです。

ご来場をこころよりお待ちしております。