月別アーカイブ: 2017年8月

ピンとこない数字

red
台風のシーズンとなり、天気予報やニュースではこのような数字を耳にしますが、正直イメージしにくいのが本音です。

● 降り始めから500mmの豪雨!てどんな雨?
● 瞬間最大風速40メートルの風!てどんな風?

これを、次の様に言い換えるとぐっと迫力がでます。

● 降り始めからの雨量はユニットバスのバスタブ一杯の雨が、全ての地面にも屋根にも降り注ぐ量!
● 瞬間最大風速は時速150km!

気象庁では次の表現にも、風速との関係が決められています。
「やや強い」 風速10mから15m
「強い」 15mから20m
「非常に強い」 20から30m
「猛烈な風」 30m以上

なんとも文学的な表現です。
つまり、「非常に強い」という表現は20mから30mの風が吹くとの予報が基になって選ばれているのです。
秒速の間隔は一般の人には体感しにくいのですが、時速となれば、高速道路のスピードからイメージが湧きます。
車を運転するとき、時速150kmは怖くて出せませんね。

★ ★ ★

わかり易いと言えば、台風が良く来る香港の警報は大変分かりやすいです。

1時間30mmの雨は黄色
1時間50mnは赤
1時間70mmは黒

それぞれの警報レベルに対して学校の休校などの対応も決まっています。
上のマークは赤の場合です。

子供でも高齢者でも、わかり易い表現が一番だと思います。